09
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害廃棄物受け入れについて市議会で説明会

傍聴に行ってきました。
(傍聴とは議会を聴くのみで質問や意見などを言うことはできません)

日高市議会の議場で県の担当者からの説明がありました。
傍聴席には報道関係のカメラや記者などの姿もありました。
市民の傍聴は数人だったかな・・・
無理もないですね。
市から今日の議会のことを知らせるものは何もなく
誰でも傍聴できることを知っている人はほんの一部の人だけだったでしょうから・・・。

ここで報告したいことは山ほどあるのですが
詳しい内容などについては今後、市のホームページでも公開されるようなので
公開されてから触れることにして・・・
今日は、県と市の対応について思ったことを書きます。

まず、県の担当者から資料に基づいての説明があり
受け入れるものは、岩手県野田村の木くずで
原発から埼玉までの距離よりも離れていて
空間線量も埼玉よりも低いこと
木くずのセシウム濃度は100ベクレル/kg以下のものであるから
健康に影響はないものだということ
木くずは太平洋セメントの工場でセメント製造のための原料及び燃料とする
などの説明がありました。
そして搬出時と受け入れ時にも基準値以下のものしか搬出せず受け入れもしないので
安全だということを強調していました。

これを受けてたくさんの議員さんたちが質問をしました。
中でも多かったのが、基準値などの安全性が一般市民にわかりにくいので
誰にでもわかるような表現にしてほしい、またそれを公表してほしいなどです。
これはまさにそのとおりだと思います。
安全だというならいったい何が安全なのか理解していなければ本当の意味で
納得したことにはならないでしょう。

県の担当者は5月には受け入れを開始したいとのことを明言していましたが
それならば、それまでに住民の理解を得る必要があります。
そのことについて「なにを持って住民の理解を得たこととしますか?」と
質問した議員さんの答えに対して県の担当者は「組長の総意で」と言ったのです。
え??
組長?????
「では市としてはどうですか?」の質問に対して
市長の答えは「実証試験の結果で市民の理解を得られる」と発言したのです。
実証試験の結果だけで??
市民の意見は聞いてくれないの???

県の説明はこういうことです。
まず地域協議会という地元自治会長と太平洋セメントとの話し合いの場で県からの説明会を行い
その後、実証試験を行い安全性の確認がされたら本格的に受け入れを開始するということです。

えぇぇぇ!?
まさか一般市民対象の住民説明会は行わないのですか????????

受け入れを開始したい5月までの市のおおまかなスケジュールはどうなっているかとの質問に
市の答えは、これから県との調整によって・・・とハッキリしたものではありませんでした。
まさか住民説明会ナシでこのまま決定なんてことないですよね!?
そうなりそうだったら黙ってないですけど。

災害廃棄物受け入れについての問題は本当に難しく
簡単に決められることではありません。
いろいろな意見があると思いますが、無関心でいるのではなく
私たち市民もいろいろ知ろうとしなければならないし
考えなくてはいけませんね。


それから最後に・・・
これはと~っても難しい話なのですが
そもそも「広域がれき処理は違法である」との見方もあるのです。
そのことを質問している議員さんもいましたが
この意味をちゃんと理解している人はどれだけいたのかなぁ・・・

このことについて詳しく知りたい方はこちらを見てください。

広域がれき処理は違法
スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

日高市子どもたちの未来を守るネットワーク

Author:日高市子どもたちの未来を守るネットワーク
日高市で子育てをしているパパとママのネットワークです。目に見えない放射能汚染による不安の中、子どもたちの明るく安全な未来のために、今私たちができることを考え行動していきたいと思っています。なにも難しいことではなく、ただ子どもたちを守りたいという思いから集まってできたネットワークです。同じような思いの方、ぜひつながりましょう~♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。