09
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国の安全基準(暫定基準値)って安全!?

今日、日高市のホームページが更新されていました。
公立保育所給食食材の放射性物質の2回目の測定結果が掲載されていました。
公立保育所給食食材放射性物質測定

ホームページに記載された文章ですが・・・
以下、転載

公立保育所の給食で使用している食材については、市場に流通している国産のものを主として使用しています。国の安全基準(暫定基準値)により、検査で適当でないものは出荷制限が行われるなどしているため、流通している食材については安全なものと考えています。
 このため、公立保育所へ納入される青果類等については、産地の制限はしないこととしておりますが、乳幼児に提供することから、納入業者には可能なかぎり安全なものを納入していただくよう指示をしております。

 しかしながら市民、保護者のみなさんにより安心していただくために、保育所で使用する食材の一部をサンプルとして放射性物質検査を行うこととし、1月11日(今年度2回目)検査機関へ検査依頼を行いました。結果を以下のとおりお知らせいたします。

以下省略

結果、卵・牛乳・しいたけから、ヨウ素、セシウム134、セシウム137ともに不検出でした。
(検出限界値は10Bq/kg)

前回から1ヶ月あまりで2回目の測定をしていただいたこと
また各地で放射能物質を検出しているキノコ類(しいたけ)を測定していただいたことは
とてもありがたいことです。
しかし、今回不検出だったからこれで安心というわけではありません。
前回も書きましたが、わざわざキノコ類を給食に使わなくてもよいのではないか・・・と
思うのです。
特に学校給食のキノコ類の使用頻度の高さと言ったら!
普通の家庭でもこんなに毎日のようにキノコ類食べますか??
近隣の自治体ではすでに「学校給食でのキノコ類の使用を当面しない」と
決めたところもあるのです。


それから、もっと重要なことは国の今の暫定基準値で本当に安全なのか?
これで安心できるのか?ということです。
私たちは安全で安心できるものだとは全く思っていません。
なぜならば、これは世界的に見ても全く高すぎる数値だからです。

縮小①

縮小②


ですから、私たちは市長あての要望書で
「市内の小中学校、保育所、幼稚園の給食の食材で5bq/kg以上のものは使用しないでください」
お願いをしています。
そのためにも検出限界値もできれば3~5bq/kgぐらいの精度の測定器で検査してほしいところです。
できれば、いろいろ予算の関係もあるのだとは思いますが
度々、検査機関へ依頼して測定してもらうのではなく
いつでも測定できるように、日高市で精度のよい食品の放射能物質測定器を
ぜひ購入していただきたいと思っています。


ここ最近、日高市でもいろいろと動きがあり
他の近隣市町村での放射能対策にやっと追い付いてきたように思います。
とてもありがたいことです。
日高市の子どもたちを守ることは、日高市の未来をも守ることに繋がります。
これからもぜひ対策を進めていってくださるものと期待しています。
スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

日高市子どもたちの未来を守るネットワーク

Author:日高市子どもたちの未来を守るネットワーク
日高市で子育てをしているパパとママのネットワークです。目に見えない放射能汚染による不安の中、子どもたちの明るく安全な未来のために、今私たちができることを考え行動していきたいと思っています。なにも難しいことではなく、ただ子どもたちを守りたいという思いから集まってできたネットワークです。同じような思いの方、ぜひつながりましょう~♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。