09
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境課で質問・飯能市民との会合

今日、市役所の環境課に行き、岩手県野田村の瓦礫受け入れについて
いろいろと聞いてきました。


環境課では2人の職員の方が対応してくれました。
事前にアポをとらずに行ってしまったのですが
窓口ではなく、机と椅子がある別室でとても丁寧に対応してくださいました。

簡単にですが、質問したことと、それに対しての
市の職員の方の返答について報告します。


①今回の瓦礫受け入れについて市民に対しての説明会を開く予定はありますか。市で予定がないのであれば県に要請していただけますか。できれば具体的なことを説明できる専門的な知識のある人に説明してもらいたい。

(答え)説明会については今のところ未定。これから市民全戸に瓦礫受け入れについてのパンフレットを配布し、3月下旬に実証試験を行い、安全と確認されたら5月から受け入れを開始したい。市が専門家を呼ぶのは難しい。←とのことでした。
排ガスの放射性濃度の計算式や、排ガス処理装置のことについても聞いてみたのですが、やはり市の職員の方は専門的なことは全くわからないということでした。それではただ安全と言われてもよくわからないので、再度説明の開催をお願いしてきました。

②もし万が一、放射線量が高くなり日高市の農作物、お茶、ブルーベリーなどに影響が出たり、市民に健康被害が出た場合の責任についてはどこがとるのですか。

(答え)安全な物しか受け入れないので、そのようなことが起こるわけがない。
←安全であることを強調していて、もしもの場合は想定していないようでした。

③瓦礫処理をする自治体には多額の助成金がおりるなどという話を聞いたが実際はどうなのですか。

(答え)この瓦礫受け入れについては、岩手県と埼玉県で協定を結び、また岩手県と太平洋セメントで協定を結ぶことになっている。岩手県が瓦礫を処理する太平洋セメントにお金を払い、そのかかった金額を国が岩手県に払う事になっている。埼玉県や日高市には何も支払われない。←日高市は協定には関わっていないということです。

④瓦礫(木くず)を焼却して、セメント製造の燃料や原料にしても大丈夫なのですか。

(答え)日高市が受け入れ予定の木くずは年間1,000トンで、量としては1週間にコンテナ4台分にしかすぎず、一般のゴミと混ぜて焼却するので高い放射線量にはならないので安全である。←これも素人にはよくわからない基準値で本当に安全なのかよくわからず製品になってしまうのは不安も残ります。

だいぶまとめて書いたので、ここにあるのがすべてではありませんが
このような話をしてきました。
話をしていて思ったことは、市としては安全ですよ・・・というのが前提であって、しかし専門的なことや線量の測り方や排ガスの処理方法など、詳しいことはわからないのが現状のようです。
受け入れるのなら、きちんと何がどう安全なのか理解してから受け入れたいと思うので、なおさら住民への説明会の必要性を強く感じました。


また、夜にはお隣の飯能市のみなさんとの日高市の瓦礫受け入れについての話し合いに参加してきました。
本当にたくさんの意見交換や情報交換がありました。
野田村の人に現状を聞いてくださった日高市の方もいて、生活の上で瓦礫は支障にはなっていないが、やはり早く片付けたいという思いがあるということもわかりました。
しかし最終的には、安全面などでいろいろと心配をしている声が多く、このまま受け入れを開始してしまうのではなく、まずは市民に対しての説明会が必要と意見が一致しました。

今後のことはまた随時、報告していきたいと思っています。
スポンサーサイト

Comment

No title

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/354449.html

日高市でも25日にがれきの試験焼却が始まってしまいます。地元自治体の住民に理解を求め、とありますが、地元の皆様、何か反対活動は起こされますか?

No title

私も日高市に瓦礫反対メールを送り続けていますが
結局健康被害が起きた時に責任はどう取るのか…と質問しても
そこは答えて貰えていません。
安全安全と繰り返すだけで専門的な詳しい説明は全くなし。
私みたいな一般主婦が勉強したレベル程度の話しかしてもらえません。
何かにつけてIAEAを持ち出すし、バグフィルターで放射性物質を取ると言ってましたが100%取りきれるわけではないのに…。
職員もたいして知識もないのになぜ安全と言えるのか(>_<)
みんなでガンガン反対するしかないのでしょうか(T_T)
どうしたら受け入れをやめてくれるのでしょうか…。

ママ崎ママさま

コメントありがとうございます。日高市の中で、今のところ「反対運動」というものはないと思いますが、個々に県や市に電話やメールで意見を言ったりする人は増えているようです。
隣の飯能市の飯能市消費者団体連絡会のみなさんが県知事と日高市長に実証試験前に説明会の開催を要望する文書、太平洋セメントに性急に実証試験を行わない要望をする文書を提出したそうです。
私たちネットワークのメンバーは上記の記事で市に質問したほか、それぞれに県や太平洋セメントに電話やメールをしています。
ママ崎ママさまのところではどうですか?

るなママ さま

コメントありがとうございます。日高市に聞いても専門知識がそれほどないようなので詳しい答えは期待できないです。
責任問題についても聞いてみましたが、安全なんだからそんなことが起こるわけがない・・・ですから話になりません。
もしも・・・のことは想定しておかなければいけないはずですよね。
原発だって安全だと言っていたのに事故が起きたのですから。
それから日高の太平洋セメントはバグフィルターではなく電気集塵機を使用しているそうです。それも安全性がどうなのかわからないですよね。
日高市よりも県に多くの声をあげたほうが効果があると思います!
電話でもメールでもいいので県に直接質問でも意見でもいいので届けてください。
県に電話してみましたが、このような問い合わせは多いのか聞いてみたところとても多いと言っていました。
また県の担当者に日高のお茶や農作物、また市民の健康に影響が出たらどこが責任をとるのか聞いてみたところ、まずそれがこのことによるものなのか証明されてからだが、内容により国・県・太平洋セメントが責任を負うとの答えでした。(証明されて・・・というところが問題だけど)
このように県にたくさんの声をあげて言ったほうが県も強行しにくくなるのではないでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

管理人さま

試験焼却の日は、がれきの安全性を覆すデータをとれる最初で最後のチャンスです。がれきが入ると放射線量が上がるのだという確固たる裏付けをとれれば、がれき受け入れにストップをかけることが出来るかもしれません。

今のままでは、行政のテキトーな測定で「安全が確認されたので」と受け入れになるでしょう。
そこで、ちゃんとしたデータを取るために人手を探しています。日高工場の近くに住む方で、試験焼却の前・中・後と検証が出来る人はいませんか?
検証方法は、試験焼却の前後3日間ほど、紙フィルター式掃除機をかけっぱなしに出来る人、車で工場周りを走れる人、です(神戸大の放射線計測学の教授にやり方を教わります)。

日高工場での検証は、工場の近くに住む人でないと行えません。日高の皆様、ご協力をお願いします。
また、急ぎの話なので直接連絡を取りたいのですが、連絡先フォームなどはありませんか?なければTwitterで私にメンション下さい。@mamazakimamaです。
よろしくおねがいします。

No title

ママ崎ママさま
マールを送りました。
もうあまり時間がありませんが
その方法でできるだけのことはやってみたいと思います。
何もしないでいても何も変わらないですものね!
ママ崎ママさまの行動力は素晴らしいです!
そしてこのようなきっかけをいただきありがとうございます。
Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【環境課で質問・飯能市】

今日、市役所の環境課に行き、岩手県野田村の瓦礫受け入れについて いろいろと聞いてきました。 環境課で

プロフィール

日高市子どもたちの未来を守るネットワーク

Author:日高市子どもたちの未来を守るネットワーク
日高市で子育てをしているパパとママのネットワークです。目に見えない放射能汚染による不安の中、子どもたちの明るく安全な未来のために、今私たちができることを考え行動していきたいと思っています。なにも難しいことではなく、ただ子どもたちを守りたいという思いから集まってできたネットワークです。同じような思いの方、ぜひつながりましょう~♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。